SOTUGYOU

気持ちよく起きれた朝。
どうも最近、寝ている時の夢が映画のように数日間ずっと続いていて
疲れがたまっていた。
それがようやくエンディングを迎えてホッとしたこともある(笑)。
寝室から画室に入って、いつものように掃除をしたり
観葉植物に水やりをした。
友人からもらったこだわりのフルーツティーを淹れて飲みながら考え事。
僕の仕事は体力的に限界はないんですが、時に脳みそがいっぱいになる。
今も数件の仕事を同時進行で進めている。
絵描きといっても絵を描くばかりでなく、時には絵描きとしての立場で様々な仕事を頼まれるんだ。
看板のデザインだったり、部屋の空気感を聞かれたり、食べ物の取材だったり、イベントの事など。
すべてに心をこめて仕事をしたいし、その人が喜んでくれるようにと考えると
楽しいながらも緊張しながら進めている。
午後からは熱海市立第一小学校の卒業式に出かける。
時々絵を教えに行ってる関係でこの数年、来賓としてよばれるんだ。
女優の二宮さよ子さんや来宮神社の禰宜さんらとお目にかかる。

心地よい緊張感の中、児童達の合唱に心が洗い流された。
何の雑念もない一生懸命に歌う姿とその歌声に感動する。
僕も小学校卒業の日はここにいた。
清々しい夢を持ち、常に前向きで明日が待ち遠しい毎日だったように思う。
初恋のY子や友、恩師を想い恥ずかしながらも机で号泣したのは甘酸っぱい思い出。
卒業文集には 『スピルバーグのような映画監督になります』 って書いた。
映画の仕事はしてないけど、絵を通して夢は描いてるつもり。
まあ、今朝見た夢も映画にしたらアカデミー賞って自信はあるかな・・・(笑)。
あれから22年。
今も何かを卒業しなければならない時と感じています。

タイトルとURLをコピーしました