イケメンマネージャーと大盛りカレー

今日から新しいマネージャーが来ることになりました。
以前のマネージャーは女性で有能な方でしたが、残念なことに音信不通になってしまいました。
これから大きく仕事を展開する矢先で、決まっていたイベントがあったので全く驚きました。
出会いとは偶然で必然ではありますが、やはり人の紹介でないと仕事としては信用できないと実感します。
そんな教訓を交えながら、今回は後輩の経営する会社にお願いしました。
そこの専務でもある彼はまだ25歳と若いですし、絵のことはまだまだ勉強中とかですがイケメン君なので(笑)僕のお客様に多いご婦人方には可愛がっていただけるのではないかと思います。
やはり男は顔なんですかねぇ?(笑)。
これで僕が竹之内豊みたいだったら、日本画界のスターになるのは間違いないのか?
いえいえ、絵は技術と心です・・・。頑張ります。
そんなこんなでK君は9時にアトリエに来ました。
明日から始まる起雲閣の個展の準備と搬入です。
日本画の画材やら説明しながらいろいろと準備をしました。
今回の展示は150号の作品を4点出品します。
特に日展入選作など、これだけの大作を見ていただく機会はあまりないので嬉しいよ。
お昼の時間。
『K君は蕎麦とカレーとどっちが良い?』と僕。
『先生のお好きなもので構いません、でもカレーが良いです』とK君。
4.01.JPG
宝亭に行き、ランチとライスにカレーを付ける。
今日はハムエッグにメンチカツ。ここのメンチは初めてでしたがかなり旨い。
K君は若いので大盛り。僕も見た目は元気ですが、胃袋は少しづつ大盛りは堪える(笑)。
そして元気をつけて搬入。
市役所から車が来て、起雲閣の野口館長とスタッフの中島さんなどがテキパキと。
大作は小田原の東美さんにお願いした。
館長と中島さんの手際の良いこと!びっくりしました。
4.01%282%29.JPG
K君も一生懸命頑張ってくれた。
何とか搬入が終わりました。
震災で開催もどうなるか心配されましたが、僕は僕のできることを精一杯やる。
こちらのショップの売り上げなどは全額、震災のために寄付します。
是非ともこの熱海に、そしてこの展示を皆さんにご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました