僕の首かけ時計

僕は腕時計が嫌いだ。
していると何となく息苦しくなる。
夏は特に汗もかくし、嫌で嫌で仕方がないのだ。
かといって時計をしないのも困るし、携帯を時計代わりにするのもカッコ悪い。
人と話をしている最中も携帯で時刻を確認するのは何となく感じが悪いですからね。
そんなこんなで困っていたときに、知人が首かけ時計を教えてくれた。
もちろん知っていはいたが、男性物はなかなか無かった。
そんな時にとあるところで見つけて一つ購入した。
それからはもう6年ほど首かけ時計をしているのです。
これがとても都合も良いし、僕は好きなのだ。
『先生、どこで買ったのですか?』  『ブデンさんにはよく似合う』と良く言われる。
これはたぶんお世辞でないのが分かるよ。時計が素敵なんだもの。
あまり自然と溶け込むほどの目立たないものは僕は好きではない。
インパクトがあって、なおかつその人に似合うもの・・・いいよね。
しかし男性はネックレスあまりはしないよね。僕は基本的にします。
しますというよりは今は何かしていないと落ち着かない。
気分によって琥珀やら、作家ものの陶芸のやらもう100種類以上はあるかな。
自分で木を彫って作ったものもある。
そんなこんなもあってネックレス時計を愛用しているのです。
現在のお気に入りは茅ケ崎の工芸作家の知人が僕のために年に一回だけ作ってくれます。
時計の紐は大島紬かちりめんでできていて、天然の石や陶器、ガラスなどで装飾してある。
もちろん、販売もしているようですが最近はすぐに売り切れるのでお教えできません(笑)。
今日が今年の時計との対面日。朝から楽しみでドキドキしていました。
今回は3つ作ってもらった。一つは親友へのプレゼントです。
これをかけてから さらに仕事の全てが上手くいくような気がする。
だからこそ大切な友人にはこれを贈りたいと思いました。
まあ、サラリーマンやスーツの男性には似合わないかもしれないな・・・(笑)
いや、せっかくだからこれが似合うような人になって欲しいな。僕の大切な人は男性も女性も。
服も時計もその人の空気になるもんなんだ。物に自分が似合うようにするんじゃなくて
自信もって身につけていれば自然と物が自分に似合うようになってくるんだよね。

さて、今日も新しい時計を付けて絵を頑張るよ。

タイトルとURLをコピーしました