Y君の仔豚

(1997年 紙本彩色 130.3×89.4cm 第32回日春展)

ベイブという映画作品をビデオでみた。ブタが主人公のちょっと変わった話である。ブタは大きく成長すると、ある日大きな乗りものにのせられてすばらしい世界へ連れていってもらえるという。そんな話を信じて仔豚たちは早く大きくなろうと一生懸命食べる。もちろん、そんなすばらしい世界などはない。トラックに乗せられて、殺され、人間の食べ物になるのだ。ブタは一体何のために生まれてくるのだろうと考える時がある。ただ人間に食べられるためだけに生まれてきているかのようにも感じられる。同じ地球に生まれた仲間同士、普段かたむけることのないブタへの感謝と愛情を込めて人間とブタとを描いた作品です。

タイトルとURLをコピーしました