富士山と玉子焼き

今日は青年会議所の9LOM合同例会。
静岡県の東部にある9つの青年会議所が一年に一度、同会場にて例会を開催。
本日は裾野での開催でした。
13時15分集合で、仕事の関係上欠席をするつもりでしたが、
鎌田事務局長からも『さかもっさん、委員長なんだし行ってください』と言われ
なんとか仕事を終えて出かけることができました。
バスで会場に着く。
今日はとても良い富士山が見えました。

空気は良いし、富士はきれい。
最近、ちょっと精神的に疲れ果てていたので癒されました。
ポケットにはいつものように小さなスケッチブック。
富士をスケッチする。
『坂本君、さすがだね、今描いたの?』と岸本さん。
まあ、メモみたいなもんです。
写真に撮るより1分でもいいからスケッチしたものは頭に残る。
しかし、気持ち良い。
磯さんと5メートルしたの河にはしごを使って降りてみる。

近くを歩いていたご夫人から『黄瀬川』と聞く。
そんなに風情も美しさもない河だけど、流れを見ていて心がすっとした。
例会まで時間があるので委員会メンバーと近くのひょうたん寿司に行く。
西日が美しい窓辺の座敷で歓談。
食も酒も話も弾む。
先輩方からいろいろな意見をいただきました。
なんだか、JCの事業についても最近の生き方についても考えさせられる。
とても良い時間だった。

なにより、亡くなったおばあちゃんが作ってくれた味に似た甘くて素朴な玉子焼きが
心にカーンと響いたんだ。

タイトルとURLをコピーしました