美味しいものを食べなければいけない

沼津教室の昼ごはん。
最近は前にも書きましたが教室の隣にあるマジックインディアに通っている。
ここのナンは本当に旨い!
真鶴のコートデュサラも良いけど、最近はここのが一番かな。
インドの方が4人でやってるお店。
カレーもスパイスたっぷりで本当に旨い。
1.30.bmp
休日はこれがすべて食べ放題で1000円ですから素晴らしいですよ。
最近はサラダのキャベツの千切りが上手になって(機械かも)食べ易い。
僕はダールカレー(豆)、シーフードとバターチキンをいつも食べる。
本当に美味しい。
でも、僕の中で大好きなカレー屋が熱海にあった。
お若い店主さんが一人で経営されていた『ウメ象カレー』だ。
カレーと言ったらこの味を思い出す。さらっとしたコクのある、スパイスの効いた最高のカレーだった。
僕の東京・下北のマンションのそばにもカレー屋は何件もあるが、
僕の中ではウメ象さんが忘れなかった。
しかし、最近ウメ象さんが沼津に再オープンしたという情報をとある人から聞いた。
早速、ネットで検索したらあるじゃあないですか!!!!
名前は少し変わって『うめぞう』さん。五月町とか。
正直、びっくりしました。嬉しかったー!
是非、近く友人のカズミとでも行こうと思います。カズミもウメ象ファンだったから。
あの味は絶対無くしたらイケないと思ってました。
うめぞうさんお元気になって良かった!
教室が終わり、今日は友人の健君とお茶する約束をしていた。
健君は近く自分のお店を開業するために日夜頑張っている。
時々メールをくれて、でもなかなかお互いの予定が合わなくて10か月ぶりだ。
27歳と若いのに、素敵な奥さんと二人のお子さんがいる。
沼津東急のラウンジでティータイム。
1.30%282%29.bmp
いろいろな話をしました。
僕の本業はもちろん絵描きです。
だけど、今までに4件の飲食店やら店舗の開業・経営にかかわっている。
設計、デザイン、銀行融資からメニュー、お皿の一枚まで何となく知識はある。
どの店も今は地元で人気店として繁盛しているしね。
僕は親や祖父母に感謝することは小さいときから旨いものを食べさせてもらったこと。
元々我が家も熱海では一番と言われたホテル業でしたからね。
食に関しては豊かでしたよ。
野菜や果物は築地の金八から毎日来たし、祖父の従兄がやはり築地で三京というマグロ専門店を
経営してましたから、マグロやフグは最高のモノがいつも食卓にはありました。
ステーキはここ、てんぷらはそこ、鳥スキはどこ、アユはこの川がと。
とにかく旨いもの好きな祖父のおかげで美味しいもの三昧。
『たけのり、美味しいものを食べないといけない。知らないと相手に失礼にもなるんだよ』と、
祖父がいつも教えてくれました。
小さいころから好き嫌いはあったし、そんなにお金持ちという家ではありませんでしたが
食に対しては感謝しています。
だからと言って、ぺヤングソース焼きそばも大好物だし、高いものが旨いとは思わない。
だけど、料理人になる人は旨いものを知らないと恥ずかしい。
先日もとある料理人が『先生、○○の最高の店があるんで行きましょう』と誘ってくれて行った。
僕は落胆した。え、この人の舌ってどうなってんの?
これが美味しいと感じる料理人かとガッカリしたのはつい最近。
習ったことは上手に作るのかもしれないけど、あーこれは居酒屋IZMだなと。
それがいけないとは言わないけど、仕事ばっかりしないでもっと旨いもん食べたらと言ってやった。
絵だってそうだ。
僕は自分のレベルや実力はもちろん解っている。
だからこそ、良い絵は見たいし、最高の名品は時間をかけても見に行くようにしている。
そんな作品は作れないけど、知らないことは嫌だし、画集では解らないから生で見たい。
とにかく美味しいものは食べないといけない。
そんな話をしたティータイム。

タイトルとURLをコピーしました