絵を納める喜び

水曜日。
10時にスタッフのタカが出勤。
昼過ぎまでは絵の梱包作業。
今日はまた三島市内の数件のお客様に絵を届けたりあいさつ回り。
14時に三島の神山様のお宅に絵を届ける予定だ。
軽い食事をすませて、神山様のお宅に。
前回の絵は西武の美術の方が届けてくれたので僕は初めて伺う。
大きなお庭に大きな玄関。

正面には以前お納めした僕の富士山が掛っていた。
旧作と出会うのは感慨深い。
神山様とは息子さんが僕と日大三島の同級生という御縁。
そんなことで、すっかり可愛がっていただいている。
今日は前回の個展の一番の大作の『城山流々』をお納めした。
富士とそれを掛け換える。
タカもはじめてのこと。お客様のお宅に絵をお納めし、掛ける瞬間は嬉しい。
我が子の嫁入り姿を見るようだ。

『あーぴったりね、良かった』と神山夫人も喜んで下さった。
いつもありがとうございます。
我が子を宜しくお願いしますという気持ちで失礼する。
その後は数軒のお客様のお宅にごあいさつ。
『坂本君、柿を食べな』、『お茶飲んでって』、『良い骨董手に入れたから見てよ』と、
行くとどうしても長くなってししまうんだ。
でもそれが楽しいんだよね。
Dに頼まれた買い物もすませて帰宅。
その後は元スタッフのマイさんと、彼氏のユウキ君と食事に。
僕のおすすめのクレールへ。




たくさんの料理と久々のワインに楽しいひとときを過ごしました。
久々にお客になって良い気分でした。
なんか幸せな一日だった。感謝します。

タイトルとURLをコピーしました