二月の富士

久しぶりに天気が良い。
スタッフのカズヤ君にスケッチに行きたいと話し、車を出してもらった。
風もなく空気も清々しい。
熱海峠を抜けると富士は美しく輝いていた。

すぐに描き始める。
何ていうんでしょうね、現場で描きたいものと出会って描くのは非常に気持ちいい。
気持ちいいって単純なものでなく、体中の細胞が喜んでる感じがするんですね。
夢中で、それでいて対象に感謝し、自分が舞台の主役になった気分で!

タイトルとURLをコピーしました