松山レシピ

午後までのんびり休養。
夕方に再来週の旅行の打ち合わせのために沼津に。
沼津駅に着くと見覚えのある顔!『ご縁がありますなぁ~』と互いに笑顔。
いつも私をはげましてくれる広瀬夫妻とサキちゃんとバッタリ。こんな時間は素晴らしいよね。
サキちゃんはベビーカーでおねむ状態。かわいいね。
そんな広瀬夫妻と別れてとある旅行会社に。
A所長のテキパキとした応対は見事。30分ほどで完了。
その後、私の癒し空間でもあり尊敬する刺繍作家の松山先生のお宅に。
駅から香貫のご自宅まではタクシーで10分ほど。
ベルを鳴らすと観音様のような笑顔がお迎えくださいました。
急のおじゃまにもかかわらず『坂本先生のためにじゃあ何か作るよ』といつもの手料理を。
80歳過ぎの松山先生ですが、年齢を感じたことはありません。
お話も楽しく、手料理は手早く見事!
先日はラタトゥーユとあさりのパスタ、白菜とほたてのクリーム煮などなど。
和食から洋食、中華まで凄いんです。味はもちろん先生の料理は愛情がこもってます。
今日はなめこおろしと高野豆腐の煮物、ローストビーフをご用意くださいました。
私のお土産のお寿司とやはり先生の手作りの卵となすのお吸い物で温かなひととき。

私は考え事があると、松山先生にご相談に行きます。
笑顔と先生の手料理に癒されて元気がでます。
本日は特別に先生秘蔵の松山レシピを拝見しました。


お医者様だったご主人が生前の頃からのレシピ帳だそうで芸術品でした。
やはり家庭料理は基本ですね。愛情もいっぱい、さすが松山先生。
次回は先生ご自慢の手羽先カレーをいただくお約束をして失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました