三浦のお姉さんの椅子

高校時代、僕は今の自分の原点でもある日本画教室に通っていた。
そこで沢山の方と出会い、今でも大変お世話になっている。
題にもある 三浦のお姉さん ともそこで出会った。
三浦のお姉さんはその当時、もう70歳にはなっていたように思う。
『坂本くーん、あなたこっちに来て一緒にお茶飲もう!』一番年下の僕をいつも気にかけてくれた。
影山さん、山口のおばあちゃん、三浦のお姉さんと僕とでいつも一緒に描いていたし、
展覧会の時も毎回当番を一緒にやった。
教室が終わると、家が近かった三浦さんのお宅にも良くおじゃました。
『お腹すいたでしょ?おにぎり作ってあげる』そう言っていつも俵型のお結びを握ってくれた。
2年前に祖母を亡くした僕にとっては、おばあちゃんのような存在だったように思う。
そんなお姉さんも急な病にかかり、病院での闘病生活をすることになってしまう。
『坂本君、元気にしてる?大丈夫?』 自身が辛いのにもかかわらず、
病院からも僕を心配してよく電話をかけてくれた。僕も時々お見舞いに伺うのが楽しみだった。
その後も病状は悪化し、2年後に亡くなってしまった。
本当に辛い別れだった。
葬儀からしばらくたって、ご兄弟の方から形見に何か貰って欲しいと言われた。
もちろんご遠慮申し上げたが、どうしてもと言われ
いつもお姉さんが座っていた椅子をいただくことにした。
何の変哲もない普通の椅子だったが、いつもお姉さんがゆっくり座っているのが印象的だった。
それから数年間、僕はもちろん、家族や沢山の客様に休息を与えてくれた。
僕の体重増加もあって、その椅子もだんだんと傷んでしまいこの3年ほど倉庫にしまってあったのだが
急に気になって修理に出すことにした。
元の空気を壊さないように、スエードの生地の色も同じものを選んだ。

そしてその思い出の椅子は今日から僕のアトリエの一部となった。
『坂本君、あなた丁度いいじゃない!』
三浦のお姉さんのそんな声が聞こえたような気がした。

タイトルとURLをコピーしました