渋滞とスケッチとトロタク

昨日の静岡地震の影響は我が家にも少しありました。
大切にしていた花瓶が3個割れ、祖父の大切にしていた鳥の形の陶器が割れていた。
まあ、命を思えばこのくらいで済んだのはよかった。
小さな余震は今日も。
新聞には被害が書かれている。
私も落ち着いた頃を見計らい、友人や知人に電話する。
皆、大した被害は無かったようで安心した。
昨日予定していた東伊豆へのスケッチに出かけることに。
Kが迎えに来てくれた。
『かなり混んでますよ。夕方になるかもしれません』
まあ、とりあえず行こうと車を走らせる。

空と海は美しく輝いていた。
渋滞をよそに、ここに車を止めてと連発するが運転方は無理と答える。
そんな押し問答が続いていて何となく描くチャンスは失う。
『ここは?』
『無理です。』
『ここがいいんじゃない?』
『いや、本当に無理ですから』・・・・。
まあ、お盆の真っ最中。世の中の人間はこの機会しか連休は無いし、
昨日の地震の影響で仕方ないのか。
僕もそんな空気だったので、頭にスケッチしておく。
目的の場所でも取材は短縮し、帰り道に一碧湖へ。

眺めていて、大学時代を思い出す。
上田や小川さん達と夜中に月が沈むのを見た。
まだ将来に希望をもって、夢見ていたあの頃。
僕の日春展の初入選を皆が心から喜んでくれた。
お互いの喜び、悲しみを共有していた親友。
彼らもそれぞれの道で結果を出し、幸せな家族に恵まれた。
そんな想いに耽った。
絵描きってこんなことばかり考える動物です。
渋滞してスケッチはできなかったけど、思い出の場所で本当の大切なものを
スケッチできたように思います。
で、帰ってKと森ちゃん寿司に。
森ちゃんに会うと本当にホッとする。
今月6回目。我が家の次にホッとする場所です。

トロタクをほおばりながら、また物思いに耽った夜でした。

タイトルとURLをコピーしました