作品集



日春展

(2013年  第48回 日春展 50号)
日春展

階段のある部屋

(2000年 紙本彩色 116.7×90.9cm 第35回日春展  個人蔵) 人生の階段を昇ることは当たり前のようで難しい。学生のころまで普通に過ぎていた毎日が、卒業と同時に社会という壁が大きく前にそびえ、時に自分の進むべき道...
日春展

椅子に憩う

(1999年 紙本彩色 116.7×90.9cm 第34回日春展) 私の母は小さな喫茶店を開いている。毎日、沢山の人々が会話を楽しんだり、食事をしたり、仕事の打ち合わせやらに訪れている。忙しい日々の中で休憩や憩いの場とは必要で...
日春展

僕の時間

(1998年 紙本彩色 130.3×89.4cm 第33回日春展) 『この作品を描いている最中の3月、僕は日本大学芸術学部を中退した。3年間悩んだが、辞めること(彫刻をやめて日本画の道へ進む)は案外自分の中で当り前のことになっ...
日春展

Y君の仔豚

(1997年 紙本彩色 130.3×89.4cm 第32回日春展) ベイブという映画作品をビデオでみた。ブタが主人公のちょっと変わった話である。ブタは大きく成長すると、ある日大きな乗りものにのせられてすばらしい世界へ連れていっ...
日春展

春を待つ

(1996年 紙本彩色 116.7×90.9cm 第31回日春展) 冬のある日、熱海には珍しい雪が降った。僕は嬉しくて外へ散歩に出かける。街の中はまぶしいくらい真っ白な雪の世界となっていた。少し歩いた所のペットショップに立ち寄...
タイトルとURLをコピーしました