旨い不味いかより好みだ

最近、雑誌やテレビで何となく『味噌ラーメン』のことを特集していた。
あまり見ないテレビをつけると味噌ラーメン・・・。
これは神様が味噌ラーメンを食べなさいってことかと勝手に思い込む(笑)。
で、一週間が経った。
スタッフの和也君に『ちょっと味噌ラーメンがどうしても食べたいよ、それも今』と言ってみる。
じゃあ、隣町の〇〇ラーメンに行きましょうということで車を出してもらう。
もちろん、僕は味噌ラーメンを。
そうですね、正直僕の好みではなかった。
ニンニクが強すぎてお腹が痛くなりそう。僕はあまりこってりのラーメンは嫌いだ。
ドロドロと油まみれのラーメンは人間の食べ物には思えない。
でも、まあまあの味ではあった。
次の日は市内のラーメン屋にて味噌ラーメンを。
これも健康的な味付けで僕の好みではなかった。
隣に座った〇〇さんが『薄いんだよな』と代弁。
僕もうす味は薄味で好きなものはあるけど、味噌汁やラーメンが薄いのは食べられない。
そして今日はセブンイレブンにて某有名店のインスタント味噌ラーメンを食べてみる。
何となくは良かったけど、まあ即席はどこまでいってもこんなもんでしょ。
思えば僕の中でとある味噌ラーメンの味を探していた。
そうだ、僕の大好きな味噌ラーメンはもう10年前に無くなった我が家の近所に
あった『貴州』の味噌ラーメンだった。
もやしと少しのニラ、薄切りの豚バラを手早く炒めた具に、うっすらとニンニクの
効いた赤味噌ベースの味噌ラーメン。
結局、この味を求めていたのかもしれない。
まあ、きっとどの店も他の人は旨いと感じるのかもしれない。
だから好みなんだよね、結局。

隣町のラーメン屋で食べたスタミナもやし炒めは絶品でした。

タイトルとURLをコピーしました