僕の一日の食生活 グループ展編

良く聞かれるんですよ。
毎日どんなもの食べてんの?って。
まあ、ご覧いただければ解ると思いますがごくごく普通です(笑)。
今回はグループ展最中なので、外食が中心ですが。
とりあえず今日の一日。
外食なので僕の率直な感想を交えました。
まず、朝ごはんです。
9時58分の新幹線に乗ります。
朝は忙しいので、新幹線のホームで駅弁を買います。

通った毎日この『デラックスこゆるぎ弁当』です。
まあ、デラックスと言うほどのもんは入ってないですが、
小さいときから食べてるので大好きです。
昔は普通のこゆるぎ弁当も売ってましたが、最近は無いですね。
とにかくこの鳥そぼろが旨いのです。
小田原駅の近くの東華軒の販売所にはこの鳥そぼろだけ売ってます。
しかしこの弁当、数年前に比べると良くなりましたね。
数年前はひどかった。椎茸は小さい、鳥肉は良くない、
この鮭もどきのマスのような魚もうーんでした。
最近は本当にぐっと良くなりましたね。
こんな朝ごはんです。
そして昼は日本橋の銀座アスターに毎日通いました。
一日目は友人の勝又と一緒に。




銀座アスターはあちこちにありますが、味付けが少しずつ違いますね。
僕は本店、銀座松屋店、この日本橋店より伊勢丹店が良いと感じます。
伊勢丹店にはメガネの年配の接客のご婦人がいますが、テキパキと感じ良いですね。
この日本橋店は気配りが足りなかった。
ほかのお客さんもかなり呼んでましたが、まったく対応ができない。
人はいるんですよ、若い方が何人も。
どーも、厨房近くにたまって話をしているようでした。
それに、昼食いただきまーすって声が。
まだ昼の一時に自分たちがご飯食べて接客が手薄なのはいかがなもんでしょう?
酢ブタは美味しかったです。
ただ、ご飯の器が安っぽいプラスチックで全く残念でした。


デザートは一日目が柔らかい杏仁豆腐と烏龍茶のゼリー。
二日目はココナッツミルクのタピオカ。
アスターはデザートはいつも残念。
このシメが良いと本当にすっきりしますがね。
夕食は会場近くにあったふぐ割烹の山田屋へ。
そうですね、ニ階の個室に通されたのですが、一階の雰囲気は良くなかった。
店の大切なカウンターはパソコンやら私物がいっぱいでした。
女将らしき年配の着物の方は素晴らしい接客でしたね。

お通しにこの3品。





そうですね、味はどれも良かったです。
刺身はまあ、伊豆に住んでますからねこんなもんかと感じました。
でもこれで6000円ですよ。ちょっとねー。
てんぷらも4000円。まあ、日本橋価格でしょうか。
お通しも2000円近いから。
高いとは思いませんが、安くはないですね。
門前仲町の魚三はこれを比べたら最高ですよね。
これより新鮮で、旨くてボリュームは5倍。でも価格は3割程度ですもん。
食べ物って難しいですね。
で、夜食は弁松のお弁当です。

弁松の弁当は祖父と弁松の先代が友人だったらしく、
よく食べてました。
この煮物の甘いのが旨い!ちくわぶやら卵焼きも最高です。
まあ、夜食にはカロリー高いですが。
これが僕のグループ展会期中の一日の食事です。
多いか、少ないかは解りません。
僕には普通の食事です。

タイトルとURLをコピーしました