京都いろいろ

先々週、朝起きて急に京都に行きたくなった。
時間を見たら10時半過ぎのひかりがあったのでとりあえず下着と御朱印帳と財布をカバンに詰め込んで駅に急ぐ。日頃のイライラがたまっていた・・。そういう時は必ず京都にでかけるんだ。神社仏閣へお参りすることと、一人で食べたい物を食べる。これが心と体を癒してくれる。
新幹線の中でいつものホテルを予約。桜にはちょっと早いのですんなりOK。そのまま電話で食事の予約も・・・。中学時代から好きな中村楼へ電話するが満席。木屋町の菊乃井は大丈夫そうなので駅から直行。あたたかく、天気も良い。気分もすでに爽快。
お腹がすいたのでとにかく注文。焼き物がカレイと聞き、昨日の夕食にカレイの焼き物は食したので焼き物無しの7350円の昼懐石を注文。とりあえずの食前のビールが旨い。その日はあまり混んでないせいか、職人さんの空気も会話も良かった。
なかでも穴子と京野菜の小鍋と土鍋で炊いた貝柱の炊き込みごはんは美味かった。菊乃井は結構味が濃いので好み。粕汁と最後の水菓子の苺の寒天よせはちょっと残念。私の口にはちょと・・・。2合炊いてくれた炊き込みの残りは折に入れてくれた。言わずともの配慮。こんなちょとしたサービスがまた行きたくなるんだよね。
食後は祇園をぶらぶら歩いて、八坂神社前の行きつけの林さんの宝石店へ。林さんと少しおしゃべりをし、八坂神社にお参り。やよいでいつものちりめん山椒を買う。
その後、南禅寺へ。我が家の菩提寺の本山であるし、私はこの南禅寺で授戒もしてる。南禅会の会員なので拝観料は全て無料でした。ここに来ると祖父や祖母を思い出し、本当に心が休まる。
夕食はホテルに隣接する伊勢丹で買い物ついでに上のモリタ屋で。ほんとは三島亭ですき焼きを食べたかったのだけど、まあ疲れたからここで。ステーキ御膳を食べる・・。うん、値段のわりには美味しい。

店内は山本丘人、西山英雄などの本画が掛けてある。絵のセンスは素晴らしい。
次の日は朝から伏見稲荷大社へお参り。名誉講員の会費をお納めし、厄年なので祈祷も。我が家の山梨の別荘の屋敷の敷地内にはお稲荷様が祀られているので、日頃のご無沙汰の分をもお参りする。三十三間堂と智積院をお参り、智積院の梅の香りが体中をきれいにしてくれた。本堂右のお不動様をお参り。
昼はハイアットリージェンシーのお気に入りのトラットリア・セッテに。ここは何度来ても気持ち良い。料理も美味いし、何といってもサービスが素晴らしい。こんな気持ちよいサービスはホテルの食事とはいえなかなかありません。自家製パンと前菜もなかなか。

あさりとブロッコリーの白ワインのパスタはニンニクもほどほどに最高でした。しかし、迎える時から帰るまでの接客は本当に素晴らしいよ。料理がさらに美味しくなる。
結局、どんなに美味しい料理だしてもサービスが悪いと半減だもんね。カンテサンスもきっとそうだから33歳の若さでも三ツ星に輝くんだろうし。なんでも最高を目指すのは素晴らしいよね。美味しい食事と歴史の空気に癒され帰ってきました。
ちなみに、帰りの新幹線は斜め前にキングコングの西野さん、うしろにジャガー横田さんのご主人が座ってましたよ。

タイトルとURLをコピーしました