嬉しい知らせ

昨晩、打ち上げのあとも絵を描いていたのでゆっくりと起きる。
午後は熱海市立第一小学校に授業に出かける。
4年生の図工です。しかし、小学生は元気だ。
この寒いのに学校の教室には暖房さえ無い。
だけど、この子たちはみな半袖半ズボンもいる。
このクラスには僕の絵画教室に通っているマコちゃん、スズネちゃん、マサカズ君がいる。
たから、何となくホームベース感覚だ。

みな元気に描けましたね。
帰りに電話を見ると絵画教室の生徒Kさんから何度も着信。
何だろう?
電話をする・・・・。
『あ、坂本先生ですか?
実は先日、教室で出品した第19回全日本アートサロン絵画大賞展で大賞をいただきました。
ありがとうございました!』
『え、入選じゃなくて 大賞 ですか?』と僕も信じられない。
『はい、今からアトリエに伺うので先生も通知を見ていただけますか?』
確かに何度見てもそこには大賞の文字。
授賞式の案内も入ってたので間違いはない。
素晴らしい報告!!!
毎年、数千点の応募があり入選すら難しいのに、初出品で最高賞の大賞受賞!
確かにKさんは努力もあってこの頃作品が群を抜いて良くなっていた。
この作品もゆっくり丁寧に仕上げていった。
今年は海外旅行中に骨折というハプニングがありましたが、
これで運が戻りましたとKさん。
子供さんたちには正月にサプライズで報告するとのこと。
1月の産経新聞紙上には全国版でKさんの作品が掲載される予定。
いやはや、素晴らしい一年の締めくくり。
『先生のお陰です。来年もよろしくお願いします。』と言って下さり、
微力ながら来年は教室も充実させていきたいと思います。
生徒さんに励まされた素晴らしい報告でした。

タイトルとURLをコピーしました