人間って悲しい・・・?


確かに毎日充してる気がする。
絵を描く生活、家業、素晴らしい友人たち、そして頼もしいパートナー・・・。
でもね、でも・・・どうしても悲しくなってしまうんだ。
この世界に生まれたしあわせと宇宙の摂理の束縛・・。
そんな中で、毎日葛藤し続ける。
人間は難しい、一人で生まれてきたがひとりでは生きていけない。
組織を作り、生きていかなければならない。
人間という括りであってもそこから男、女となる。
それがくっつき結婚しないと家族という組織はできない。
種族繁栄のための節理とは言え、これが当たり前になったその真理を知りたいね。
生まれ、育てられ、考え、行動し、育て、介護され死んでいく。
人間って本当に難しいですね。
そして、素晴らしけど悲しいね。
いつかは死んでいく。
狩りをし、獲物を獲ないと食べれない時代を数万年前に終え、
農耕と牧畜で食べ物を常に得れる時代をむかえた。
それによって人間は生きながらえる力を得た。
医学の進歩で人は100歳を超えるまで生きれるようになった。
平安時代はふくよかな女性が好まれ、現代は痩せたスタイルのよい女性が美しいとされる。
たった数百年で見方や教育は変わる。
人間って何なの?
とにかく考えると悲しいんだ。
午後のひと時、友とカフェにいながら涙が出た・・・・。

タイトルとURLをコピーしました