スタジオジブリで働く友

朝から音楽を聴いていた。
制作に考えると音楽を聴くことにしている。
そうね、好きで制作途中に流すので一番多いのはジャズかな。
特にシンガー小林桂は好きです。
コンサートも何度か行った。
今日は何となく、映画音楽を聴いていた。
午後は魔女の宅急便のサントラを聞きながら、故宮の作品集を眺めていた。
面白い組み合わせかな・・・・。
携帯が鳴る。
『あ、さかもっちゃん。俺だけど。』
高校時代からの友人の山田の伸ちゃんだった。
ジブリの魔女宅のサントラを聴いてたからかな(笑)。
聞けば僕の個展を見るために起雲閣に来てくれたのこと。
会場には僕はほとんどいないので、帰りにアトリエに遊びに来るように伝える。
彼とは高校時代、美術部やデッサンの研究所で切磋琢磨した仲間。
僕と、造形大にいった伸ちゃんと、武蔵美にいった幹士と三人で
同じ研究所に通っていた。
伸ちゃんのデッサンはとても美しかった。
漫画やアニメをかかせたらピカイチの存在。
漫画甲子園にも出場し、審査員特別賞を受賞した。
大学を卒業し、みんなの憧れのスタジオジブリに入社。
千と千尋の神隠しの字幕にもしっかり彼の名前を確認できる。
今日は日ごろの作画について話を聞かせてもらう。
僕らのように一作品に時間をかけて作るのとは違い、
描く筋肉も違うんだって。
面白い話を聞かせてもらった。
話す笑顔は高校時代とまったく変わらない。
友人って素晴らしい。
僕も伸ちゃんに負けないように今日も描きますよ。

タイトルとURLをコピーしました