最終日に

個展も今日が最終日。

絵描きらしい一週間を過ごせたように感じます。
元後楽園社長で元市議の岡さんも毎回来場下さる。
『この絵は良いよ』と街の絵を大変褒めてくださった。
画家の武井先生、金子先生もわざわざ鎌倉から。
久々に絵描き同士の話を楽しみました。
高山先生のお手伝いをさせていただいてる頃は、よく同期の智恵ちゃんと話をした。
絵描きでなくては解らない話はたくさんある。
普通の人が聞いてもなんだか?っと思うだろう。
そんな話は心棒のようなもんかもしれないな。
良い時間でした。
夕方は元第一小の後藤校長が。
先生も本当に素晴らしい方。人間としての魅力がある。
『ブデンさん、僕ね〇〇みたいなことをやろうと思ってるんだ』と、
楽しく、先生らしい企画を聞かせていただきました。
細野事務所からも山下君が来てくれた。
まあ、選挙も近いから頑張りましょうね。
多くの人との出会いがあって何とかこの12年、絵描きとして生きて来れました。
バイトもせず、絵画教室と個展の生活で生きてきた。
世間知らずと言われても、この道だけでやってこれたのは奇跡かもしれない。
多くの方の応援と支えがあっての坂本武典なんです。
本当に感謝します。
個展を終え、消灯。
ほっと溜息が出た。
今回もなんだかんだと一番大変だったのは、会期中店を休みもしないで
多くの方に応対してくれた母だった。
母をねぎらうためにクレールで食事。

感謝の言葉は照れくさくて言えませんでしたが、
金目鯛のトマトソースが代わりになったかな・・・。

タイトルとURLをコピーしました