人間の比較

今日も朝から忙しい。来客やら制作やら。本当は制作に専念したいのですが。
夕方から裾野に出かける。
今日は裾野青年会議所企画の衆院選静岡5区の公開討論会があるためだ。
僕の住む地域は6区。
5区は細野、斉藤、堀候補の地域。
下田が車を出すから行ってみようと誘ってくれた。
実はこのところ、ブログを見る限り元気でいるようですがちょっと体調が悪い。
この二ヶ月間、あることに神経や力を注ぐ羽目になってしまい、そのストレスやら疲れが出ていた。
本当はあまり行きたくなかったのだけど、細野の演説も聞きたかったので。
途中、熱函で簡単な夕食をとることにした。

もう何年もこの店の横を通っていて気になっていた。
熱海のとある議員さんのブログにもよく登場する店。
親友カズミ愛車の黒いゲレンデがこの前にとまってるのを3回見たし(笑)。
味・・・・・・・・・・・・・・。うーん、冷たくて美味しかったですよ。
で、伊豆縦断道路を通って裾野へ。

駐車場はもういっぱい。
会場へ着くとご夫人方が100名ほどいた。
『坂本先生!元気ですか!!』とまず声をかけてくれたのは、
僕の後援会『武典(ブデン)の会』の幹事の真野さん。
その後も、三島市議の馬場妙子さんやら30人ほど。
『あんた、さすがに顔広いねぇー!』と下田。
まあね、もう10年細野の関係で三島の方とは親しくさせていただいてる。
会場は800名ほど埋まった。
そして候補者3人による3分間の短い意見や演説が始まった。
始まって同じ土俵で闘う3候補が同じ質問に意見をする。
こういった試みは何度か聞いてますが、今回は驚くような違いがあった。
素晴らしい未来を期待させる意見の人。
私がこれを実現させたとばかりの意見の人。
青年らしい大学生みたいな意見の人。
誰とは書きませんが、比べるということは恐ろしいもんだと思いました。
僕はそれぞれに違ってどの候補も聞けて良かった。
下田も『イヤーこんなにも違うもんかね』と。
以外に思ったのは年配の皆さんが、違いを理解してたことだ。
昔だったら政治家が〇〇は僕がやったんだなんて言うと、
有難いと崇めたてまつっただろう。
今回はそういった意見の候補者が話すとクスクスと笑っていた。
まあ、公平な討論会ですからどう思ってもいいと思う。
時代や人々の良識は変わっていくんですね。
来年は熱海は市長選挙。
議員にしてもこういった試みは大事だ。
先日も書きましたが、市議レベルはその辺の目立ちたがり屋兄ちゃんが
勘違いして出馬することが多い。
意見も話せず、勉強もしないのはこういった討論会で市民に明らかになる。
ただ人が良いだけで政治家になれる時代は終わった。
人を比べることは辛い。
だけど、見比べ篩にかけないと良いものは生まれないですね。

タイトルとURLをコピーしました