京都の夜と僕の心

夜は宿に戻り、しばしのんびりとしながらも写真の整理をする。
坂本はまた食べもの三昧の旅かってお思いですか?
仕事ですよ、もちろん。
絵の取材と食の研究です。
7時、約束通りに友人が車で宿まで迎えに来てくれた。
『先生、お久しぶりです!』とK君。
今日は婚約者を紹介してくれました。
K君は肌もつやつやだし、どう見ても20歳そこそこだと思ってたら28歳だって。
驚きました。僕とそんなに変わんないんだね。
彼は新宿の会社に勤めてた営業マン。仕事で僕んとこに通ってて親しくなった。
今は地元の京都市内で仕事してる。
もう間もなく終わる床を楽しもうと、鴨川沿いで焼肉懐石を楽しむ。


川床は涼しくて気持ちよい。
それに焼き肉もなかなかでございました。

仕事の話に花が咲く。
彼の仕事やらの話は僕の仕事と関係ないわけではない。
京都の現状やら、いろいろ話が聞けて良かった。
かわいい婚約者も19歳でしたかマナーがあって・・・。
食後は車で夜景の絶景ポイントに連れて行ってくれた。
月が美しかったなあ。
ありがとうK君、お幸せにね。
朝は10時に宿を出て、京都市美術館へ。
秋の院展を鑑賞。

非常に勉強になった。院展はやっぱりスター作家が多い。
院展作家は画商が扱うが、日展はダメってのは何となくよく解る。
なんだか考えさせれました。
その後は平安神宮をはじめ数か所の寺院を参拝。
歩いて歩いて4時間。
清らかな空気の中にいるといろいろ考えられる・・・。
この1年で僕の人生は大きく変わった。
尊敬する師匠が亡くなり、家業のこと、絵のこと、仕事のこと。
何となく自分を見失いそうになる。
これでいいのか??これが本当か??
この心は本物だろうか?
でもね、ある悩みが解決したの。
・・・・・・・・・良いんだよ  って声がした。
青不動のお寺の庭を見てそう感じた。
それだけで今回の旅は収穫。心は大きく動いた。

さてと、帰るとしますか。
母に下賀茂茶寮の弁当、Dとスタッフ、下田に豚まんを買って
19時半からのJCの次年度の理事会に間に合うように家路に着きました。

タイトルとURLをコピーしました